西武40000系第4編成が甲種輸送される

西武40000系第4編成が甲種輸送される

川崎重工で製造された西武鉄道40000系第4編成が,2017(平成29)年11月9日(木)から12日(日)にかけて,兵庫から新秋津まで甲種輸送されました.
 工場から神戸(タ)までは9日(木)と10日(金)の両日に5両ずつ分けて輸送され,神戸(タ)で10両編成として輸送されています.兵庫→神戸(タ)→吹田(タ)間は岡山機関区所属のDE10 1743,吹田(タ)→横浜羽沢間は新鶴見機関区所属のEF65 2139,横浜羽沢→新秋津間は同所所属のEF65 2092がそれぞれけん引しました.EF65 2139は10月12日(木)から15日(日)にかけて輸送された第3編成も吹田(タ)から横浜羽沢までけん引しています.
 なお,西武線内は新101系263編成が小手指までけん引しており,こちらも西武線内の有効長の関係から5両ずつ分割して輸送されました.

写真:大船—藤沢間にて 2017-11-11

掲載