JR西日本,ICOCA利用エリア拡大で,石川⇔近畿圏⇔岡山・広島・山陰・香川地区でのまたがり利用が可能に

JR西日本,ICOCA利用エリア拡大で,石川⇔近畿圏⇔岡山・広島・山陰・香川地区でのまたがり利用が可能に

JR西日本では,2018(平成30)年夏から,山陽本線の相生—和気間(4駅),赤穂線の播州赤穂—長船間(9駅),北陸本線の大聖寺—近江塩津間(19駅)で,ICカード乗車券「ICOCA」の利用エリアを拡大すると発表した.
 ICOCAサービスは,現在は各エリア内(石川エリア,近畿圏エリア,岡山・広島・山陰・香川エリア)相互駅間での利用に限られているが,今回のエリア拡大により,2018(平成30)年夏以降はエリアをまたがった利用が可能となる.ただし,利用区間にIRいしかわ鉄道およびあいの風とやま鉄道が含まれる場合の利用可能区間は,現状通り越中宮崎—大聖寺間,高岡—新高岡間となる.
 また,各エリアのまたがり利用開始前は,ICカードを利用してICOCAエリア内を移動できる乗車区間の営業キロは200km以内 に制限する.ただし,大阪近郊区間内相互発着の利用の場合(例:米原—相生間)や,在来線特急列車停車駅相互間の利用の場合(例:岡山—出雲市間),大阪近郊区間内の駅と在来線特急列車停車駅相互間のご利用の場合(例:尼崎—新宮間)は営業キロが200kmを超える場合でもICカードの利用は可能とする.

写真:JR西日本ニュースリリースから

掲載