東武鉄道で『日光夜行号』が運転される

access_time
2017年10月15日掲載
東武鉄道で「日光夜行号」が運転される

東武鉄道では,2017(平成29)年10月14日(土)から,浅草から東武日光へ直通する臨時夜行列車『日光夜行号』の運転が開始されました.
 昨年2016年に続き2度目の運転で,4月21日(金)のダイヤ改正にともなって引退した300系に代わり,今回は南栗橋車両管区春日部支所所属の100系「スペーシア」101編成が充当されました.なお,100系「スペーシア」が夜行列車に使用されるのは,今回が初めてとなります.
 『尾瀬夜行23:55』や『スノーパル23:55』と同様,東武トップツアーズ主催によるツアー形式で,浅草を23時55分に出発し,北千住・新越谷(写真)・春日部の各駅に停車したのち,東武日光に到着後(3時30分頃まで車内にて仮眠可)は,東武バス日光の専用バスで中禅寺温泉・湯元温泉方面へ,紅葉シーズンにおける混雑を避けて向かうことができるようになっています.
 この列車は,20日(金)・21日(土)にも運転される予定です.

写真:新越谷にて 2017-10-15
投稿:大塚 真