JR東日本,『子ども見守りサービス「まもレール」』サービスを開始

JR東日本,『子ども見守りサービス「まもレール」』サービスを開始

JR東日本グループは,子育て支援を通じた沿線活性化事業「HAPPY CHILD PROJECT」の一環として,セントラル警備保障株式会社と共同で,2017(平成29)年10月1日(日)から,「子ども見守りサービス『まもレール』」のサービスを開始すると発表した.
 サービスは,小学生,中学生,高校生(満18歳の3月31日まで)が対象で,ICカードの「Suica」・「PASMO」(無記名式は対象外)で対象駅の自動改札を通過すると,登録した保護者のスマートフォンなどの携帯端末に「利用駅」,「通過時刻」,ICカードの「チャージ残額」が通知される.電子メールへの配信のほか,「JR東日本アプリ」のプッシュ通知も利用できる.ただし,新幹線改札口・乗換口,他社線との乗換口など,一部の改札は利用できない.
 利用料金は月額500円(税抜,子ども1人,保護者1通知先あたり)で,2017年9月13日(水)9時から「まもレール」WEBサイトで,申込み受付けを開始する.
 今後は10月1日(日)から,山手線,中央線(東京〜高尾)の57駅でサービスを開始した後,2018(平成30)年春までに東海道本線や京浜東北線など,首都圏244駅での利用開始を予定している.

掲載