ICカード「PiTaPa」,JR西日本区間でのポストペイサービス導入

ICカード「PiTaPa」,JR西日本区間でのポストペイサービス導入
ICカード「PiTaPa」,JR西日本区間でのポストペイサービス導入

スルッとKANSAI協議会では,JR西日本と共同で「ICカード乗車券を活用した連携サービス」に基づき,これまでIC連絡定期券の導入など各種連携サービスを実施してきたが,今回,更なるお互いの鉄道利用の利便性向上と一層の利用拡大を図るため,JR西日本でのPiTaPaカードによるチャージ(入金)不要のポストペイサービスを導入すると発表した.
 ポストペイとは,利用代金の自動引き落とし(後払い)サービスで,1ヵ月間の利用代金を自動集計し,後日指定口座から後払いで支払いをするシステム.
 これまでPiTaPaカード内にチャージ(入金)することで,JR西日本を含む全国相互利用対象エリアでのPiTaPaカードの利用が可能となっていたが,新たにJR西日本の近畿圏エリア(予定)でポストペイによる利用が可能となり,さらに,ポストペイならではの運賃割引サービスが適用される予定.
 サービス導入時期は2018(平成30)年秋を予定しており,このほかのサービスの詳細は,決定次第改めて発表される予定.