東急世田谷線で9月25日から「幸福の招き猫電車」運転

「幸福の招き猫電車」

300系「幸福の招き猫電車」のラッピングイメージ

招き猫形つり手(イメージ)

「幸福の招き猫電車」に設置される招き猫形つり手のイメージ

東京急行電鉄では,世田谷線の前身で,「玉電」の名で親しまれた玉川線が,1907(明治40)年の渋谷―玉川駅間の開通から110周年を迎えたことを記念して,「玉電開通110周年記念イベント」を実施します.

写真はいずれも東京急行電鉄のニュースリリースから

■幸福の招き猫電車の運行
 沿線の由緒ある寺院で,招き猫発祥の地ともいわれている「豪徳寺」の招き猫をメインとしたデザインのラッピングを300系車両に行ないます.また,内装には招き猫形のつり手や,床面にネコの足跡を施し,「見て,乗って楽しめる」デザインとなっています.
運行期間 2017(平成29)年9月25日(月)〜2018(平成30)年9月末(予定)※3月20日追記
運行区間 世田谷線(三軒茶屋―下高井戸間)
使用車両 300系車両1編成(2両編成)
■このほか
「招き猫」をキーワードに,ネコの写真投稿キャンペーンや,投稿写真を豪徳寺の境内で展示する写真展,オリジナル招き猫の絵付けワークショップのほか,地元商店街と連携した玉電キーワードラリーのイベントなど,沿線と一体となった企画を実施します.
 また,本イベントに先駆け,玉電開業当時の車体色を模したラッピング電車の運行と玉電110年の歴史を物語る昔の車両デザインや写真などを掲載したポスター10種類を掲出しています.
※詳しいイベント内容は,東急電鉄ニュースリリース(PDFファイル) をご覧ください.
ご案内 「玉電開通110周年記念イベント」の実施について(東急電鉄ニュースリリース・PDFファイル)