しなの鉄道旧軽井沢駅舎が駅として復活へ

access_time
2017年8月30日掲載

しなの鉄道は,開業20周年を記念して整備を進めている,『軽井沢駅「駅ナカ」プロジェクト』の第1弾として,2017(平成29)年10月27日(金)に,旧軽井沢駅舎記念館を『「懐かしくて新しい」軽井沢駅』として復活させると発表した.

旧軽井沢駅舎記念館とキッズハウスの完成予想図

旧軽井沢駅舎記念館とキッズハウスの完成予想図

キッズクラブのイメージ

キッズクラブのイメージ

『軽井沢駅「駅ナカ」プロジェクト』は,同社の開業20周年を記念して,世界有数のリゾート地にあり,同社起点駅である軽井沢駅の駅ナカ施設をリニューアルするプロジェクトであり,同社では軽井沢からの誘客戦略の柱として位置付けている.コンセプトは,駅施設の機能を向上させるとともに,駅自体が目的地になるような「行ってみたくなる駅」を目指し,家族3世代が楽しく快適に過ごすことができるような新たな駅の価値を創造する.

改修される旧軽井沢駅舎1階に設置されるカフェの完成予想図 小布施の名店 桜井甘精堂が出店

改修される旧軽井沢駅舎1階に設置されるカフェの完成予想図 小布施の名店 桜井甘精堂が出店

改修される旧軽井沢駅舎記念館2階の貴賓室に設置される,ろくもんラウンジの完成予想図

改修される旧軽井沢駅舎記念館2階の貴賓室に設置される,ろくもんラウンジの完成予想図

プロジェクトのトータルデザインは,同社の観光列車「ろくもん」のデザイナーでもある水戸岡鋭治氏に依頼し,施設名を「森の小リスキッズステーションin軽井沢(仮称)」として,「駅舎記念館ゾーン」「デッキ広場ゾーン」「3階改札口ゾーン」の3ヵ所を整備する計画.また,このプロジェクトの実現により,電車利用者の利便性・快適性の向上はもちろん,軽井沢駅北口一帯への誘導の強化,沿線地域の食や文化の発信,収益向上を目指す.
 なお,第1弾の施設がオープンする10月27日(金)には,オープニングセレモニーが開催され,10月27日(金)から3日間,観光列車「ろくもん」の「食事付きプラン」および「信州プレミアムワインプラン」利用客には記念品が贈呈される.今後はプロジェクトの第2弾として,2018(平成30)年3月23日(金)に「デッキ広場ゾーン」「3階改札口ゾーン」がオープンする予定.