×

JR西日本,奈良線新田駅に東口改札を新設

access_time
2017年8月24日掲載
JR西日本,奈良線新田駅に東口改札を新設

JR西日本は,2016(平成28)年末に京都府宇治市と,奈良線新田駅東側への新たな改札口の設置について基本合意をしていたが,今回,設備などの概要が決定したと発表した.
 新設される東口改札は,スロープを含む地平駅舎部分が約140㎡で,自動改札機(両用2通路)と券売機(1台)および精算機(1台)を備える.
 コンセプトは,「新田の歴史継承と東口発展をリードする新しい玄関口」で,駅舎のデザインは,奈良・大和街道の結節点として発展してきた「新田」の歴史的町並みや自然景観に配慮しつつ,新しく発展した駅東側の街の玄関口にふさわしい品格と温かみのあるデザインとしている.また,駅舎正面のガラスサッシに町屋格子を引用するとともに,色彩計画にも反映している.
 なお,改札口の供用開始は2018(平成30)年春を予定し,あわせて宇治市が駅前広場を整備する予定である.