“通勤ライナー”がキハ126形ラッピング車4連で運転される

“通勤ライナー”がキハ126形ラッピング車4連で運転される

山陰本線 米子—出雲市間で平日のみ運転される121D〜3440D“通勤ライナー”は,後藤総合車両所所属のキハ121形・キハ126形4両編成の運用となっています.
 2017(平成29)年8月14日(月)は,米子方は「山陰海岸ジオライナー」編成(キハ126-11+キハ126-1011),出雲市方は「コナン」ピンク編成(キハ126-14+キハ126-1014)のラッピング車のみで構成された4両編成で運転されました.

写真:荒島にて 2017-8-14
投稿:安藤 寛朗