京阪3000系3003編成に小変化

京阪3000系3003編成に小変化

京阪電気鉄道では,3000系3003編成において前面に変化が生じています.
 貫通扉部分についてもガラス部分が拡大され,車掌台側では,室内の機器箱の高さが高くなっているようです.また,車番が車掌台側に移設されています.理由については不明ですが,他の編成にも施工されるのか注目されます.
 なお,3003編成は,2017(平成29)年8月4日(金)からこの状態で運用に就いています.

写真:森小路にて 2017-8-4

掲載

鉄道ファン2019年3月号