広電で神戸市交通局開局100周年記念団体列車運転

access_time
2017年7月31日掲載
広電で神戸市交通局開局100周年記念団体列車運転

広島電鉄では,2017(平成29)年7月30日(日),もと神戸市電車両である570形582号と,1150形1156号を使用した団体臨時列車が運転されました.
 運転経路は,582号が広島駅→横川→江波→横川→千田車庫(江波→横川→千田車庫は回送),1156号が江波→横川→広島駅→皆実町六丁目→千田車庫(広島駅→千田車庫は回送)で,両車ともに特製ヘッドマークが掲出されたほか,横川駅—横川一丁目間では両車が離合するシーンが演出されました(写真).
 この貸切列車は,「路面電車を考える会」が主催し,2017(平成29)年8月1日(火)に開業100周年を迎える神戸市交通局を広島から祝福しようという想いから,もと神戸市電の車両を使用した貸切電車を運転し,車内では神戸市交通局職員の方を招いたセレモニーも開催されました.
 両車とも,日ごろはラッシュ時間帯にしか稼働していないため,日中の走行かつ並びは非常に珍しいシーンとなりました.

写真:横川駅—横川一丁目間にて 2017-7-30
投稿:新谷 誉行