伊豆急行2100系R-5編成が甲種輸送される

伊豆急行2100形R-5編成が甲種輸送される

2017(平成29)年7月から伊豆急行で営業運転を開始する予定の「THE ROYAL EXPRESS ザ ロイヤル エクスプレス」へ改造のため,東急長津田車両工場に入場していた伊豆急2100系R-5編成(もと「アルファ・リゾート21」)が,2017(平成29)年5月8日(月)から11日(木)にかけて長津田→八王子→府中本町→新鶴見(信)→横浜羽沢→熱海→伊東の経路で甲種輸送されました.
 長津田→八王子間は長津田駅の有効長の関係から8日(月)と9日(火)に4両ずつに分けて輸送し,10日(水)から11日(木)にかけて八王子から1編成分まとめて輸送される措置が取られました.
 けん引機は,長津田→八王子間は8日(月)と9日(火)とも新鶴見機関区川崎派出所属のDE10 1666,10日(水)の八王子→横浜羽沢間は新鶴見機関区所属のEF65 2127がそれぞれ担当しました.
 この編成は2016(平成28)年10月1日(土)に相模貨物ターミナルまで自力回送されたあと,5日(水)から7日(金)にかけて長津田まで八王子経由で長津田車両工場へ入場のために甲種輸送されていました.今回,車体が未塗装であったのと,10月の輸送時と同様にスカートが取り外されているのが確認できたため,伊豆高原電車区において塗装工事とスカートの取付けが行なわれるものと思われます.

写真:西国立—矢川間にて 2017-5-10
投稿:鎌田 彬宏

2017年5月11日掲載