宮城県栗原市に「くりでんミュージアム」が完成

宮城県栗原市に「くりでんミュージアム」が完成

宮城県栗原市若柳の旧くりはら田園鉄道若柳駅のそばに,栗原市が2015(平成27)年から整備していた「くりはら田園鉄道公園・くりでんミュージアム」が完成し,2017(平成29)年4月1日(土)にオープンしました.
 ミュージアムには,2007(平成19)年3月31日で営業を終えた「くりでん」の車両基地を復元し,資料館ではくりでんジオラマや当時の写真,営業で使用された鉄道備品(タブレット,挟み,硬券切符台など)が展示されています.また,客車庫と機関車庫には実物車両が展示され,展示車両運転席では運転体験ができるシミュレータもあり,当時の車窓で運転できます.さらに,10分のミニシアターでは「くりでん」の歴史や沿線などが紹介されています.
 すでに整備が進んでいた,隣接する旧若柳駅を起点とした「くりでんアトラクションゾーン」では,動態保存のKD951とKD953を使った体験乗車が引き続き毎月1回行なわれる予定です.なお,レールバイクの体験乗車は毎週日曜日に実施されるようです.

写真:栗原市若柳(くりはら田園鉄道動態保存線)にて 2017-4-2
投稿:千葉 恵一

2017年4月3日掲載