キハ185系が“しまんと”を代走

キハ185が“しまんと”を代走

2017(平成29)年3月22日(水)に発生した踏切事故により,2000系特急形気動車が損傷を受けたため,現在,“しまんと”4号(宇多津—高松間)・7号(高松—多度津間)を,キハ185系2両編成が代走運転を行なっています.
 同列車は4月26日(水)まで代走運転の予定とJR四国から発表されています(車両修繕状況により変更あり).なお,3月30日(木)の“しまんと”4号は,キハ185-20(トロッコ列車けん引車)とキハ185-11(「アイランドエクスプレスⅡ」伴走車)の2両編成が充当されていました.

写真:端岡—鬼無間にて 2017-3-30
投稿:志摩 敬

2017年3月31日掲載