南武線開業90周年にともなう記念列車が運転される

access_time
2017年3月10日掲載
南武線開業90周年にともなう記念列車が運転される

2017(平成29)年3月9日(木),南武線川崎—登戸間が開業90周年を迎えました.
 これにともなうイベントとして,中原電車区所属のE233系8000番台N1編成に,社員がデザインした記念ヘッドマークを取り付けた臨時列車が,川崎→登戸間で運転されました.車内は南武線開業時から現在までの写真が展示され,つり革にも90周年ロゴが張り付けられています.
 当日は,川崎駅では停止位置を調整したうえで,開業時の制服を着用した駅長と今の駅長が並んで出発合図を送り,武蔵小杉・武蔵中原・武蔵溝ノ口駅では駅長による発車合図が行なわれました.N1編成は10日(金)以降,定期列車として運転される予定となっています.

写真:川崎にて 2017-3-9
投稿:内山 正裕