鉄道ファン2024年4月号(通巻756号)
『鉄道ファン』2024年4月号
2024年2月21日発売
定価1250円(税込)
鉄道ファン2024年4月号
2024年2月21日発売
定価1250円(税込)
鉄道ファン2024年4月号(通巻756号)
特集 JR東日本の特急車
目次を見る
アンケートdeプレゼント

南海本線・空港線でダイヤ改正,「白線急行」の定期運転が復活

南海本線・空港線でダイヤ改正,「白線急行」の定期運転が復活

南海電気鉄道では,2017(平成29)年1月28日(土)の始発から,南海本線・空港線でダイヤ改正が実施されました.
 今回の改正で,難波駅24:08発の区間急行羽倉崎行きは-急行-泉佐野行に変更されました.この急行列車は,途中の春木駅に停車するため「-急行-」と表示され(通称:白線急行),通常の急行列車(春木駅は通過)と区別されています.ここ数年は,沿線でのイベント開催時に臨時列車として不定期で運転された事はありますが,定期列車としては約23年ぶりの復活となります.
 このほかにも,早朝・深夜時間帯における空港急行や“ラピート”の増発と関西空港駅発の最終電車の時間繰り下げ,8両編成の空港急行の運転本数増加など関西空港と大阪市内のアクセス性が向上しています.

写真:堺にて 2017-1-31
投稿:北原 裕章

このページを
シェアする