×

野田線直通の臨時特急“きりふり”267号運転

access_time
2016年12月23日掲載
野田線直通の臨時特急“きりふり”267号運転

東武鉄道では,2016(平成28)年12月2日(金)・9日(金)・16日(金)・22日(木)の計4日間に限り,浅草から春日部を経由し野田線(東武アーバンパークライン)運河まで直通する,臨時特急“きりふり”267号が運転されました.
 昨年2015年12月の運転に続き,今回で2度目の運転となり,昨年と同様,南栗橋車両管区春日部支所所属の300系(6両編成)が使用され,両先頭車の前面窓左側には行先板が掲出されました.
 ちなみに野田線では,浅草—春日部—大宮・野田市間と大宮—運河間において,2017(平成29)年春にデビューする500系「Revaty(リバティ)」による特急“アーバンパークライナー”の運転開始が予定されており,通常の特急列車として300・350系が同線へ乗り入れるのは,今回が最後になるものと思われます.

写真:梅郷にて 2016-12-22
投稿:大塚 真