クモハ381形基本番台が1両のみに

クモハ381形基本番台が1両のみに

後藤総合車両所出雲支所“やくも”用の381系では,2016(平成28)年12月18日(日)現在,パノラマグリーン車を連結しない編成のうち,岡山方に連結されるクモハ381形の500番台化改造を終えた車両が,501,502,507,508,509の5両,クモハ381-6を連結する後藤総合車両所へ検査入場中となっています.クモハ381形は最終的には全車500番台化が行なわれるようなので,現在は先頭車クモハ381-3を連結する編成(写真)が唯一未改造のまま残っています.
 また,モハ380形の500番台改造は,569,573,580,592の4両が落成済みで,10月1日(土)以降はパノラマグリーン車を連結しない編成の岡山方増結ユニットとして活躍していますが,パノラマグリーン車を連結しない全6編成に増結が行なわれる場合は,連結車両となるクモハ381形を含めて500番台改造車は不足となるので,相互に未改造ユニット車が組み込まれた場合もありました.
 なお,年末年始輸送も近くなり,“やくも”は全体的に増結が行なわれ,車両不足とならないよう,クモハ381-506編成出場後は,最後に500番台改造受ける予定のクモハ381-3編成も,年始以降まで活躍するものと思われます.

写真:米子—東山公園間にて 2016-12-18
投稿:安藤 寛朗

2016年12月19日掲載