「アンパンマン列車」をモノクラス編成が代走

「アンパンマン列車」をモノクラス編成が代走

2016(平成28)年12月15日(木),土讃線を走る「アンパンマン列車」のうち“南風”6号・7号を,2000系モノクラス編成が代走しました.
 これは,土佐くろしお鉄道が所有する「アンパンマンオレンジ」編成にトラブルが発生したため,JR四国高知運転所内にいる車両が使用されたもので,高知運転所内でもグリーン車の予備がいないことから,急きょ,特急“しまんと”に入る予定であった2000系2150形の編成が使用され,3月のダイヤ改正以降は見れなくなったモノクラス編成が久しぶりに運用に入りました.途中,宇多津駅では特急“うずしお”と併結となったため,四国色+N2000系の組合せを見ることができました(写真).
 なお,代走は“南風”6号・7号のみで,18・19号からは「アンパンマンオレンジ編成」に戻ったようです.

写真:宇多津—児島間にて 2016-12-15

掲載

鉄道ファン2018年10月号