西武6000系6110編成が試運転

西武6000系6110編成が試運転

武蔵丘車両検修場で全般検査ならびに機器更新を行なって,2016(平成28)年10月22日(土)深夜に出場した西武6000系6110編成が,10月31日(月)に池袋線小手指—仏子間を3往復する試運転を実施しました.
 6000系の機器更新は,6156編成・6157編成に続き3本目の実施,またステンレス車では初施工となります.なお,6110編成は三菱電機製のVVVFインバータ制御装置が搭載されました.
 今後も池袋線車両所所属の6000系は機器更新が行なわれていくものとみられますが,量産先行車である新宿線車両所所属の6101編成と6102編成にも実施されるか注目されます.

写真:仏子にて 2016-10-31

掲載