京急2000形の4両編成が営業運転を終了

京急2000形の4両編成が営業運転を終了

2016(平成28)年10月11日(火),この日をもって京急電鉄2000形4両編成のうち最後まで残っていた2451編成が営業運転を終了し,2000形は4両編成が姿を消し,残るは8両編成5本となります.
 2000形の4両編成は,当初6編成が在籍していましたが,2012(平成24)年5月に3本が廃車後,2016(平成28)年3月にも2本が廃車され,2451編成のみが現役で活躍していました.10月9日(日)と10日(月祝)には,ふだん入線しなかった大師線で運用されたほか,最終運用も1500形4連と連結のうえ品川発京急久里浜行の快特に充当されるという,ふだんはあまり見られないものでした.なお,4両編成にのみ旧1000形の廃車発生品である空気圧縮機が使用されていましたが,これも聞き納めとなりました.

写真:品川にて 2016-10-11

掲載