鉄道ファン2024年7月号(通巻759号)
『鉄道ファン』2024年7月号
2024年5月21日発売
特別定価1350円(税込)
鉄道ファン2024年7月号
2024年5月21日発売
特別定価1350円(税込)
鉄道ファン2024年7月号(通巻759号)
特集 JR車両ファイル2024
目次を見る
アンケートdeプレゼント

東武東上線で「東武×西武 ライオンズトレイン」運転

東武東上線で「東武×西武 ライオンズトレイン」運転

東武鉄道では,西武ライオンズ・西武鉄道と共同で,2016(平成28)年8月24日(水)から9月18日(日)までの間,森林公園検修区所属の50000系51002編成にプロ野球球団「埼玉西武ライオンズ」のヘッドマークを掲出した「東武×西武 ライオンズトレイン」が,東上線池袋—小川町間で運転されています.
 これは,今年2月に西武鉄道新宿線本川越駅「西口」の新設により,近接する川越市駅とのアクセスが向上したことに加え,東上本線沿線8市町(和光市・朝霞市・志木市・新座市・富士見市・ふじみ野市・三芳町・川越市)が,西武ライオンズの「フレンドリーシティ」となったことを記念し,来る9月17日(土)・18日(日)に西武プリンスドームにて『東武東上線 フレンドリーシティ感謝デー 対東北楽天ゴールデンイーグルス戦』が開催されるのにともない実施されているもので,同編成の車内には「東武東上線 フレンドリーシティ感謝デー」を告知する広告で統一されています.
 運転初日となる8月24日(水)には,川越市駅にて埼玉西武ライオンズのマスコットキャラクター「レオ&ライナ」と川越市マスコットキャラクター「ときも」立ち会いのもと,出発式が催されました.

写真:東松山—高坂間にて 2016-8-26
投稿:大塚 真

このページを
シェアする