×

681系T11編成が旧塗装のまま出場

access_time
2016年7月21日掲載
681系T11編成が旧塗装のまま出場

金沢総合車両所所属で,ふだんは“サンダーバード”の10〜12号車として波動輸送に使用されているT11編成が,2016(平成28)年7月20日(水)に同所松任本所から出場し,松任→金沢→福井→金沢の区間で試運転を行なったのち,所属する金沢運用検修センターに戻りました.
 吹田総合車両所京都支所所属の683系基本番台車がリニューアル塗装になっているのに対し,平成6年の製造から既に22年を迎え,“しらさぎ”の波動予備的存在でもある金沢所の681系付属編成は,今後もリニューアル塗装化されないようです.
 ちなみに同所の681系付属編成は“しらさぎ”用も含めて,出場試運転時にのみ連結器カバーを取り付けずに収納されている密着式連結器が出た状態を,本線上で見ることができます.

写真:粟津—動橋間にて 2016-7-20
投稿:岩谷 淳平