名古屋鉄道3300系3308・3309編成が甲種輸送される

名古屋鉄道3300系3308・3309編成が甲種輸送される

日本車輌製造豊川製作所で落成した名鉄3300系3308編成と3309編成が,2016(平成28)年6月21日(火)に豊川→豊橋→笠寺→大江の経路で甲種輸送されました.JR線内は愛知機関区所属のDE10 1157がけん引し,名古屋臨海鉄道内では,名古屋臨海鉄道ND5527+3308編成+3309編成+ヨ8891+ND5529の編成で走行しました.
 名鉄の設備投資計画によると,今回の甲種輸送をもって,平成28年度の新車増備は終了となります.

写真:名電築港にて 2016-6-21

掲載