能勢電鉄で5100系5108編成が営業運転を開始

能勢電鉄で5100系5108編成が営業運転を開始

阪急電鉄から新たに能勢電鉄へ譲渡された5100系のうち,4両編成の5108編成が,2016(平成28)年6月上旬ごろから営業運転を開始しています.
 基本的な仕様は5136編成をはじめとするほかの5100系と同じですが,当編成は先頭車両(5108号車)のパンタグラフが1台しかない点,行先表示がLED式ではなく従来の幕式となっている点が異なります.
 なお,阪急時代に編成を組んでいた5142編成と5124編成は,山下以北の区間列車用2両編成として整備が完了しており,現在は平野車庫で待機中となっています.

写真:山下にて 2016-6-12

掲載

鉄道ファン2019年3月号