城東貨物線で三重連単機運転

access_time
2016年6月12日掲載
城東貨物線で三重連単運転

2016(平成28)年6月11日(土)の終電後,おおさか東線開業に向けた線路切換工事が行なわれました.この影響で,百済を夜間帯に出発する貨物列車の時刻が繰り上げられました.
 新鶴見機関区所属のEF65がけん引する5086列車は9086列車として運転され,けん引機も岡山機関区所属のDE10に変更されました.この9086列車をけん引したのは,11日(土)に近畿車輛からの東京メトロ13000系甲種をけん引したDE10 1191でした.
 なお,この9086列車運転にともない,通常は重連単機で運転されている単1783列車は,EF210-167+EF66 36+DE10 1191の三重連単機で運転されました.

写真:吹田貨物ターミナル—鴫野間にて 2016-6-11
投稿:木戸 啓一