14系座席車が航送される

14系座席車が航送される

2016(平成28)年6月8日(水),苫小牧西港フェリーターミナル内駐車場に14系座席車が置かれていました.
 置かれていたのはトレーラに載せられたオハ14 535,オハ14 511の2両で,クーラは外されブルーシートがかけられていました.
 当日の仙台経由名古屋行きフェリーで航送されたものと思われます.

■編集部から
 大井川鐵道は,JR北海道から14系座席車4両を導入すると発表しました.導入されるのは,スハフ14 502,スハフ14 557,オハ14 511,オハ14 535で,蒸気けん引列車用客車の品質向上を図るとともに,現在保有する旧形客車にかかる負担を分散させ,末永い蒸気けん引列車の運転を目的としています.スハフ14形2両は,6月9日(木)に大井川鐵道に搬入され,今回輸送されたオハ14形2両は,6月11日(土)に大井川鐵道に到着する予定です.
 大井川鐵道では,2017(平成29)年6月の運転開始を目指すとしています.

写真:苫小牧西港フェリーターミナルにて 2016-6-8
投稿:岡田 忠