関東鉄道常総線で臨時列車「ロックスライナー」運転

access_time
2016年5月2日掲載
関東鉄道常総線で臨時列車「ロックスライナー」運転

2016(平成28)年5月1日(日)茨城県常総市で開催された「茨城県常総市災害復興支援イベント『Dappe Rock's』」にあわせて,臨時列車「ロックスライナー」が守谷から会場最寄り駅の水海道までのノンストップ列車として運転されました.
 常総線では,つくばエクスプレス開業以前には朝のラッシュ時に5両編成での旅客列車が運転されていましたが,現在は通常1〜2両編成のワンマン列車で運転されており,沿線での花火大会などのイベント時でも4両編成の増結運転となっていますが,今回はキハ2300系,キハ2400系を使用した5両編成での運転となり,専用ヘッドマークも掲出されました.
 また,ほかの定期列車でも4両編成の増結運転が実施され,おもに朝のラッシュ時に使用されているキハ0系,キハ310系も使用されました.

写真:新守谷—守谷間にて 2016-5-1
投稿:新田 典洋