名松線にキハ25形が入線

名松線にキハ25形が入線

2016(平成28)年3月26日(土)のダイヤ改正以降,所定はキハ11形300番台で運転される名松線に,4月29日(金祝),キハ25形が入線しました.
 名松線はふだんはキハ11形300番台の1両または2両編成で運転され,土休日での伊勢奥津駅周辺の観光地への多客輸送では,在籍する4両すべてを使用して,2両編成2本として運転を行なっていますが,4月29日は運用される2両編成2本のうち1本がキハ25形M4編成(キハ25-1012+キハ25-1112)となり,松阪9:38発の伊勢奥津行きから名松線での運用に入りました.所定のキハ11形300番台が,なんらかの理由で使用できなかったためのようです.
 今回のキハ25形の名松線入線は営業列車では初めてですが,全線での運転再開前には,家城—伊勢奥津間のハンドル訓練試運転列車での実績が過去にあるので,それ以来の入線と思われます.

写真:松阪にて 2016-4-29
投稿:瀬川 幸久

2016年4月30日掲載