肥薩線にD&S列車「かわせみ やませみ」を導入

肥薩線にD&S列車「かわせみ やませみ」を導入

JR九州は,鹿児島本線・肥薩線に新しい観光列車「かわせみ やませみ」を導入しすると発表した.
 「かわせみ やませみ」は既存の気動車を改造した2両編成で,デザインはドーン・デザイン研究所代表の水戸岡鋭治氏が担当する.外観は「いさぶろう・しんぺい」の走る肥薩線の人吉—隼人間(通称:山線)に対し,球磨川沿いを走る八代—人吉間(通称:川線)に相応しい,青と緑をベースとした.車内には,テーブルのついた座席などが配置される.
 「かわせみ やませみ」は,JR九州では12本目のD&S(デザイン&ストーリー)列車となる.2017(平成29)年春から営業運転を開始し,熊本—八代—人吉間を1日3往復する予定.

写真:「かわせみ やませみ」のイメージ(JR九州のニュースリリースから) 

掲載

鉄道ファン2018年12月号