×

新宿高速バスターミナル「バスタ新宿」が開業

access_time
2016年4月5日掲載
新宿高速バスターミナル「バスタ新宿」が開業

JR新宿駅では,南口前を通る甲州街道(国道20号線)の,1925(大正14)年に架けられた,こ線橋の架け替えに際し,国土交通省が主体となり,駅前に人工地盤を造り,その上に交通結節点として,バス・タクシーのターミナルの建設を進めていましたが,今般完成し,2016(平成28)年4月4日(月)から「新宿高速バスターミナル」(愛称「バスタ新宿」)として運用が開始されました.従来,新宿駅西口周辺の19ヵ所に分散していた各社の高速バスのりばを1ヵ所に集約し,駅直結で利便性も向上されました.今後は1日に最大約1600台のバスが発着する予定です.

写真:新宿にて 2016-4-4
投稿:斎藤 誠