クモハ381形500番台が登場

クモハ381形500番台が登場

後藤総合車両所出雲支所所属の“やくも”用381系に,自動解結装置を取り付けたクモハ381-502が登場しました.
 クモハ381-2に,自動解結装置を取り付け,外観上は,車号とスカート付近の形状および色変更が行なわれましたが,車内はとくに変更は行なわれていません.2016(平成28)年3月下旬に後藤総合車両所から出場し,さっそく,ほかの編成と共通運用されています.
 なお,“やくも”用381系では,自動解結装置を取り付けたモハ380-569も登場しています.モハ380-69を改造したもので,吹田総合車両所日根野支所所属の,もと“くろしお”増結編成用モハ380形500番台とほぼ同様な改造と思われ,連結器付近以外の外観と車内は,とくに大きな変化は見られていません.3月上旬に後藤総合車両所から出場したあとは,“やくも”基本編成の増結車として,編成中に組み込まれて使用される場合があります.

写真:西出雲にて(敷地外から撮影) 2016-4-2
投稿:安藤 寛朗

2016年4月3日掲載