京阪大津線で「日本遺産滋賀」ラッピング電車運転

access_time
2016年2月19日掲載
京阪大津線で「日本遺産滋賀」ラッピング電車運転

京阪大津線では,2016(平成28)年2月17日(水)から「日本遺産滋賀」ラッピング電車を運転しています.
 「日本遺産」とは,文化庁が地域創生・活性化のために,全国各地域の歴史的・伝統的な遺産を認定しているもので,これに滋賀県が「琵琶湖とその水辺景観」として認定されたことを記念してラッピングされました.
 標準塗装を生かしたデザインですが,正面と扉部の日本遺産のシンボルマークがアクセントになっています.側面には滋賀県各地の風景の写真が散りばめられ,車内では滋賀県の伝統的な文化・食・風景の写真も展示されています.
 このラッピング電車は,4月17日(日)まで運転される予定です.

写真:浜大津付近にて 2016-2-18
投稿:藤原 正博