長崎電軌『第16回 路面電車 まつり』で,もと東京都電,仙台市電運転

access_time
2015年11月16日掲載
長崎電軌『第16回 路面電車 まつり』で,もと東京都電,仙台市電運転

2015(平成27)年11月16日(月)に長崎電気軌道が,開業100周年を迎えました.これを記念した『第16回 路面電車 まつり』が前日の11月15日(日)に浦上車庫と長崎西洋館の2会場で開催されまし た.
 例年どおり会場と赤迫を往復する「遊覧電車」7便として,もと東京都電の701号と,もと仙台市電601号の2両が交互で運転され,まつり終了時の「帰宅電車」でも使用されました.
 両車は30年前の開業70周年事業として塗装復元され,これまでも何度か塗装更新されてきましたが,開業100周年を記念し,今年,すべての譲受車の塗装更新が実施され,美しい状態での運転となりました.

写真:岩屋橋—長崎大学前間にて 2015-11-15
投稿:崎戸 秀樹