×

奥羽本線で車輪空転対策の増結運転を開始

access_time
2015年11月13日掲載
奥羽本線で車輪空転対策の増結運転を開始

奥羽本線の福島—米沢間では落葉の季節にあたり,県境の板谷峠区間での車輪空転にともなう列車遅延を防止するため,例年一部の普通列車で増結運転を実施しています.今年度は2015(平成27)年11月1日(日)から12月4日(金)までの期間に設定されました.
 同区間の普通列車には,すべて山形車両センター所属の719系5000番台2両1編成が充てられていますが,期間中はもう1編成増結し,4両での運用となっています.なお,客扱いは進行方向前寄り2両のみで,後部の増結車両には乗車できない旨,各駅や車内では乗客へのアナウンスが徹底されています.

写真:関根にて 2015-11-12
投稿:福地 直哉