南海高野線で「真田赤備え列車」の運転開始

南海高野線で「真田赤備え列車」の運転開始

2015(平成27)年11月1日(日),南海電鉄では真田幸村愛用の赤備え甲冑の赤色に装飾した高野線2000系4両編成(高野山方から2194-2144-2094-2044)の運転が始まりました.
 外装のデザインには九度山ゆかりの真田幸村のトレードマークである「六文銭」や「結び雁金」が随所に配されています.また,九度山駅では暖簾を同じ赤色にして盛り上げています.この特別色編成は1年間運転される予定です.

写真:我孫子前—浅香山間にて 2015-11-1

掲載

鉄道ファン2019年3月号