×

「懐かしの緑色」の旧塗装を施した特急“サザン”運転開始

「懐かしの緑色」の旧塗装を施した特急“サザン”運転開始

南海電鉄では,2015(平成27)年6月13日(土)から,「懐かしの緑色」の旧塗装を施した特急“サザン”が難波—和歌山市・和歌山港間で運転されています.
 これは,「南海電鉄創業130周年&さようなら7000系記念企画」によるもので,旧塗装を施した10000系10004編成4両と7000系7037編成4両を連結させた列車によって運転されています.
 また,10004編成の和歌山市方には,南海電鉄創業130周年記念の特別ヘッドマークが掲出されています.
 この列車は,2015(平成27)年9月末まで運転される予定です.ただし,7037編成以外を充当する日も存在し,その場合は旧塗装と現行塗装の混色編成で運転される予定です.また,10004編成の旧塗装編成は2016(平成28)年3月まで運転される予定です.

写真:鶴原—井原里間にて 2015-6-13
投稿:小林 亮政