HB-E300系「リゾートしらかみ/橅(ブナ)」編成を新製

HB-E300系「リゾートしらかみ/橅(ブナ)」編成を新製

JR東日本は,キハ40系「リゾートしらかみ/橅(ブナ)」編成の後継車両として,HB-E300系4両を新造すると発表した.
 車両デザインは,「KEN OKUYAMA DESIGN(代表:奥山清行氏)」が担当.白神山地と日本海に囲まれた沿線の美しい大自然,移ろい行く季節感,どこか神聖で神々しい空気感を「緑豊かなブナの葉とそこから溢れ出る優しい木漏れ日」で表現したデザインとする.内装は,沿線のシンボルであるブナや杉などの木材を取り入れ,温かみと安らぎを演出.新たにフードカウンターを設置し,沿線の「食」を提供する.営業運転は,2016(平成28)年7〜9月に実施される青森県・函館デスティネーションキャンペーンに合わせて開始する予定.

写真:HB-E300系「リゾートしらかみ/ブナ」のイメージ(JR東日本のニュースリリースから) 

2015年5月15日掲載