名鉄2200系+3150系が甲種輸送される

名鉄2200系+3150系が甲種輸送される

2015(平成27)年5月11日(月),名鉄の2200系2211編成6両と3150系3168編成2両の甲種輸送が,日本車両豊川製作所から豊川→豊橋→笠寺の経路で行なわれました.けん引機は,豊川—笠寺間が愛知機関区所属のDE10 1727,笠寺—大江間が名古屋臨海鉄道のND552 9とND552 10でした.
 名鉄の平成27年度設備投資計画では,2200系2編成,3150系2編成,3300系1編成の導入が計画されており,今回の甲種輸送で2200系と3150系の本年度計画分の導入は終了し,残るは3300系1編成のみとなりました.

写真:蒲郡にて 2015-5-11

掲載

鉄道ファン2018年12月号