普通列車“妙高号”の運転終了

access_time
2015年3月14日掲載
普通列車“妙高号”の運転終了

特急形車両を用いた普通列車であるとともに,唯一の「愛称のある普通列車」として注目されていた信越本線の長野—直江津間を走る普通普通列車“妙高号”が,2015(平成27)年3月14日(土)のダイヤ改正で運転を終了しました.
 運転区間である長野—直江津間は,14日(土)から,しなの鉄道北しなの線(長野—妙高高原間),えちごトキめき鉄道妙高はねうまライン(妙高高原—直江津間)となりました.
 長野総合車両センターに所属する189・183系車両は今後も“おはようライナー”や“ムーンライト信州”などの臨時列車で運転されます.

写真:北新井—脇野田間にて 2015-3-11
投稿:土屋 和空