いすみ鉄道の急行列車を,いすみ300形・いすみ350形が代走

access_time
2015年2月22日掲載
いすみ鉄道の急行列車を,いすみ300形・いすみ350形が代走

いすみ鉄道のキハ52 125は,2015(平成27)年1月12日(月祝)の運転を最後に,車両検査実施のため運用を離脱しており,キハ28 2346は1両では営業運転できないために同じく運用離脱中です.
 この2両が運休中の間,急行列車は黄色い「ムーミン列車」のいすみ300形,いすみ350形で代走運転されており,伊勢海老特急も,いすみ350形での運転となっています.この代走期間中の急行列車に限っては指定席なしの全車自由席扱いでの運転で,急行列車区間の急行料金は不要で乗車することができます.
 2月21日(土)は大多喜方から,いすみ301+いすみ352の2両で運転されました.キハ52 125+キハ28 2346による急行列車は3月7日(土)から運転再開予定です.

写真:上総中野—西畑間にて 2015-2-21
投稿:渡辺 亮太