キハ261系の構体が甲種輸送される

access_time
2015年1月29日掲載
キハ261系の構体が甲種輸送される

2015(平成27)年1月28日(水),川崎重工からキハ260形3両とキハ261形1両が出場し,新潟トランシスの最寄である藤寄まで甲種輸送されました.
 編成は,上り方から,キハ260-1206+キハ260-1306+キハ260-1317+キハ261-1206の4両でした.営業運転で必要な動力装置,空調装置,座席,化粧板,台車などは,改めて新潟トランシスで製作され,組み込まれ次第,落成となります.
 けん引機は,川崎重工から吹田貨物ターミナルまでは岡山機関区所属のDE10 1733,吹田貨物ターミナルからは富山機関区所属のEF510-1でした.

写真:鷹取にて 2015-1-28
投稿:村上 慶訓