×

城端線・氷見線にコンセプト列車を導入

城端線・氷見線にコンセプト列車を導入

JR西日本は,北陸新幹線開業を見据えた城端・氷見線の利用促進に向けて,既存車両を改造したコンセプト列車(列車にコンセプトを持たせた列車)を城端・氷見線において運転すると発表した.
 車両のコンセプトは「走るギャラリー」.外観は,カラーは走るギャラリーにふさわしい,モダンで品格のあるモスグリーンと,メタリックゴールド.山や田園,海沿いを優雅に走る貴婦人をイメージ.車内は,海側の座席を窓向きに配置し,窓を一部大形化.窓枠を額縁風にデザインし,車窓の景色を一枚の絵画のように演出する.
 キハ40形1両を改造し,北陸デスティネーションキャンペーン(平成27年10月から12月)までに運転を開始する予定.城端線(高岡—城端間),氷見線(高岡—氷見間)で土曜日・休日を中心にコンセプト列車として運行(年間100日程度)するほか,平日はほかの普通列車と同様に運用する計画.

写真:城端線・氷見線に導入されるコンセプト列車のイメージ(JR西日本のニュースリリースから)