鉄道ファン2024年7月号(通巻759号)
『鉄道ファン』2024年7月号
2024年5月21日発売
特別定価1350円(税込)
鉄道ファン2024年7月号
2024年5月21日発売
特別定価1350円(税込)
鉄道ファン2024年7月号(通巻759号)
特集 JR車両ファイル2024
目次を見る
アンケートdeプレゼント

阪急8300系に京都名所旧跡ラッピング

阪急8300系に京都名所旧跡ラッピング

阪急電鉄で,「四季を通じた京都方面への観光促進」を目的としたラッピング電車を,2015(平成27)年1月17日(土)から運転しています.
 8300系8332編成+8313編成の8両(2両+6両)1編成を使用し,2016(平成28)年3月末まで運転される予定です.ラッピングの内容は「京都方面の4個所の名所旧跡」で,「洛東」・「洛中」・「嵐山・嵯峨野」・「洛西」エリアをイメージした装飾が,それぞれ河原町方から1両目・3両目・6両目・8両目の側面に施されています.また,車内照明は電球色に変更され,「和」のイメージを演出,車内吊りやドア横ポスターでは,京都の名所旧跡や名所マップが掲出されており,車内にいながら京都観光の気分を盛り上げることができる内容となっています.
 なお,1月17日(土)から2月22日(日)までの休日ダイヤ運行日は8313編成単独で,検査により運用を離脱する「京とれいん」の代走を務めることになっています.
 また,現在阪急電鉄では,このラッピング電車の愛称とヘッドマークのデザインを公募しており,プロ・アマを問わず2月10日必着で受付中とのことです.

写真:梅田—十三間にて 2015-1-17
投稿:井上 拓己

このページを
シェアする