唐津線で「利き酒」列車運転

access_time
2014年9月29日掲載
唐津線で「利き酒」列車運転

2014(平成26)年9月28日(日),大分車両センター所属のキハ185系(九州横断特急列車)を使用した団体臨時列車が,唐津線佐賀—唐津間にて運転されました.
 駅長と沿線自治体(佐賀市・小城市・多久市・唐津市)の企画協力で「利き酒」の旅として行なわれ,途中多久では新施設「あいぱれっと」でのおもてなし,小城では酒蔵見学・試飲なども行なわれました.

写真:多久—厳木間にて 2014-9-28
投稿:岸川 浩