近鉄16010系に喫煙室が設置される

近鉄16010系に喫煙室が設置される

近鉄16010系モ16011+ク16111は,2014(平成26)年8月上旬までに高安検修場で2回目の車体更新工事を終え,出場・試運転を経て8月11日(月)の大阪阿部野橋発吉野行き特急で営業運転に復帰しました.
 今回の車体更新で,これまで座席での喫煙が可能だったク16111に喫煙室が設置され,16600系「Ace」と同様に座席は禁煙となりました.喫煙室はク16111の吉野方に設置され,荷物置場が喫煙室の後部に移設され,窓配置が変わりました.喫煙室を設置した反対側の部分は窓が埋められ,車体更新前と比べて印象が変わっています.

写真:福神にて 2014-8-13

掲載

鉄道ファン2019年3月号