C12 66が大宮総合車両センターから出場

C12 66が大宮総合車両センターから出場

検査のために大宮総合車両センターに入場していた,真岡鐵道のC12 66が2014(平成26)年6月26日(木)に大宮総合車両センターから出場し,27日(金)に真岡へと配給輸送されました.
 大宮—小山間は田端運転所所属のEF65 1118,小山—下館間は宇都宮運転所所属のDE10 1697,下館—真岡間は真岡鐵道のC11 325がけん引を担当しました.5月14日(水)から15日(木)にかけて運転された入場のための配給輸送では,小山—大宮(操)—大宮間で田端運転所所属のEF81 95がけん引を担当し,今回の出場配給輸送でEF65 1118がけん引を担当したことから,もと「スーパーエクスプレスレインボー」指定機の2両がそろってC12 66のけん引を担当したことになります.

写真:東大宮—蓮田間にて 2014-6-27
投稿:宮内 巧

2014年6月28日掲載