「さようなら江差線号」運転

「さようなら江差線号」運転

2014(平成26)年5月11日(日)をもって江差線 木古内—江差間が廃止されることから,10日(土)および11日(日)に,団体臨時列車「さようなら江差線号」が,函館—江差間で運転されました.
 通常,同線に入線することのない“SL函館大沼号”用の14系座席車2両と,緩急車ヨが,江差駅の線形の関係でDE10にプッシュプルされる編成で,江差方から,DE10 1737+スハフ14 505+オハ14 519+ヨ4647+DE10 1690となっていました.
 この団体臨時列車の乗客には,コースが2通り用意され,往路に同列車に乗車し,復路をバスに乗り換えて江差線の廃線区間の各駅を巡るコースと,逆の往路にバスで各駅を巡り,復路に乗車するコースとなっていました.
 車内では特製弁当とオリジナルグッズが乗客に配布されました.

写真:江差—上ノ国間にて 2014-5-10
投稿:新谷 誉行