×

205系クラH5編成が長野総合車両センターへ

205系クラH5編成が長野総合車両センターへ

2014(平成26)年5月9日(金),鎌倉車両センター所属の横浜線用205系クラH5編成(クハ205-65+モハ205-189+モハ204-189+サハ205-125+モハ205-190+モハ204-190+サハ204-105+クハ204-65)が,長岡車両センター所属のEF64 1030のけん引で大船(鎌倉車両センター)から東海道・武蔵野・南武・中央・篠ノ井線経由で長野総合車両センターへ配給輸送されました.
 今回,配給輸送されたH5編成はE233系6000番台増備で留置スペースがなくなることから,4月16日から21日まで小山駅東構内2番線に疎開していました.
 H5編成はこのまま廃車になるものと思われますが,前日の5月8日(木)にはJR東日本から横浜線で使用されている205系22編成(疎開中も含む)176両を,もと埼京線用の205系が活躍するインドネシアのジャカルタ首都圏鉄道会社(PT KAI Commuter JABODETABEK)に譲渡すると発表されています.

写真:初狩—笹子間にて 2014-5-9
投稿:宮内 巧