×

山陽新幹線500系に「プラレールカー」登場

access_time
2014年4月18日掲載
山陽新幹線500系に「プラレールカー」登場

JR西日本は,山陽新幹線で“こだま”として運転されている500系1編成に1両,「プラレールカー」を導入すると発表した.
 博多方先頭車1号車を「プラレール」の世界を表現した空間に改造し,プラレールの大形ジオラマ,子供向け運転台,記念撮影スポット,記念キャラクタースタンプ台,プレイゾーンを設置する.また,専任のアテンダントを配し,車内でしか入手できないオリジナルプラレールや各キャラクターをあしらったシールを子どもに配布する.2号車には多目的室,大形荷物置き場を設置し,家族連れの利便性を向上する.
 「プラレールカー」は,2014年7月から2015年3月まで,“こだま”730号・741号として運転される予定.

写真:「プラレールカー」の内装イメージ(JR西日本のプレスリリースから)